消費者金融の比較ランキング|口コミ、評判などをチェック

消費者金融の金利や審査などを徹底調査!

消費者金融選びの旅に終止符を
賢い消費者金融の使い方、知っていますか?

お金を貸してくれる消費者金融について

急に現金が必要になったけれど今、手持ちがない時などお金を貸してくれるものの一つに消費者金融があります。消費者金融とは、法律で定められた金利の範囲内でお金を貸している業者です。土地などを担保にしてお金を借りるのではなく、無担保にてお金を貸しています。

法律で定められた金利とは、10万円未満の場合は、年利20%、10万円以上、100万円未満なら年利18%、100万円以上で年利15%を上限のして定められています。その範囲内で運営されています。

消費者金融は、一定の収入がある人に対してお金を貸しています。IT化も進み、今では、窓口について行かなくても、インターネットなどで申し込みができます。また、お金を借りるのも提携のATMやコンビニエンストアのあるATMなどで現金を引き落とすことができるのです。また、消費者金融は、今や10人に1人は利用した経験があると言われるほど人々の生活に密着したものとなっています。

>>消費者金融ランキングはこちらへ<<

消費者金融の金利の比較方法

消費者金融のローンを借りるときに覚えておくと便利な金利の比較方法は、最低金利ではなく最高金利に着目して金利を比較することです。

金融会社のサイトには必ず二種類の金利の数値が記載されていますが、そのうち、数値が低く、左の方に記載されているのが最低金利で、数値が高く、右の方に記載されているのが最高金利です。 金利と限度額は融資の審査の結果によって決定されますので、初めて融資を受ける人に最低金利が適用されることはまずありません。

最低金利が適用されるのは、100万円以上の大きな融資を受けるときです。 初めて融資をする人はほとんどが100万円以下の融資限度枠となりますので、金利も最高金利が適用されます。

このため、消費者金融のローンを比較するときは、最低金利ではなく最高金利の方に注目して各社を比較した方がよいでしょう。 最高金利は銀行系の会社の方が低いことが多いですが、それ以外の会社の中にも金利が低いところも多くあります。

消費者金融の「メリット・デメリット」と「各社の特長」

急にお金が必要になった時に便利なのが消費者金融です。現在各社とも有名なタレントがCMキャラクターを勤めるなどすっかりお茶の間でもイメージアップされ、かつての社会問題化した当時の後ろめたいイメージは払拭されたのです。

スピード審査・即日キャッシング

さて消費者金融のメリットと言えば、審査のスピードが早いので即日キャッシングが可能ということです。各社とも申し込みから融資まで来店不要でインターネットで手続き可能のために、よりスピーディーに対応できるのです。もちろん無担保、保証人不要で申し込めます。現在各社とも自動契約機を設置しており、銀行窓口が閉まっている平日の仕事帰りや土日・祝日でも即日キャッシングが可能です。

また銀行カードローンに比べて、審査自体が厳しくないところがメリットです。パートやアルバイト、派遣社員など属性の弱い形態であっても、必要な条件さえ満たしていれば借りられる可能性が高いのです。さらに消費者金融には30日間の無利息サービスを実質するなど、新規のお客獲得のためにお得なキャンペーンがあります。

消費者金融のデメリット

もちろん消費者金融にもデメリットがあります。まず金利が特に100万円以下の低い借り入れで、ほぼ上限金利の18%となってしまうところです。ですから借り入れ期間が長引けば長引くほど金利負担額が増えてしまいます。

それに対して銀行カードローンでは15%前後が一般的です。次に総量規制の対象となっているので、年収の3分の1までしか借りられないという制限があることです。各社借り入れ限度額は300〜500万円となっていますが、限度額いっぱいまで借りられる場合は非常に珍しいのが現状です。

大手消費者金融の特徴

現在消費者金融は銀行の傘下に入り営業しています。そこで大手の消費者金融の特長を紹介します。

「三菱UFJフィナンシャル・グループ」の「アコム」は、初めての利用者を対象に30日間の無利息サービスがあります。また消費者金融としては珍しく、審査が甘いと評判のクレジットカードを発行しています。

「三井住友銀行グループ」の「プロミス」は、自宅への郵送物なしでカードレスの「Web完結」という便利な申し込み方法があります。また社会保険証や社員証などを提出すれば、職場への在籍確認の電話がありません。こちらも初めての利用者を対象に30日間の無利息サービスがあります。

「三井住友銀行グループ」の「モビット」は、借り入れ限度額が業界最高峰の800万円となっています。三井住友銀行か三菱UFJ銀行に口座があり、社会保険証か組合保険証を持っている方は、「WEB完結」で申し込み可能です。これは職場への在籍確認の電話や、自宅への郵送物もありません。

「新生銀行グループ」の「ノーローン」は、初めての利用者という制限がなく、何度でも1週間の無利息サービスを受けられます。

このように消費者金融にはデメリットもありますが、上手に使えば非常に便利な金融機関なのです。

消費者金融の豆知識

消費者金融とは、カードローンやキャッシング、おまとめローンといった金融商品を提供する金融業者となります。消費者金融は、現在ではメジャーな存在となっており、利用者は数百万人以上、10人に1人は利用している計算になります。

最近では、ほとんどのところが、申込み当日の即日融資に対応しています。パソコンやスマホを利用して申し込みを行ない、最短30分の審査に通過すれば、即日融資となり、指定した銀行口座に振り込み融資が行なわれます。自宅に居ながら、申込みから借入れまで、WEB完結することが可能となっています。

即日融資の注意点

消費者金融のキャッシングに申し込んで、即日融資を希望する場合には、注意点があります。銀行振込での融資となりますので、決められた時間内に契約を完了させる必要があります。そして、大手の消費者金融では、平日14時までに手続きを終えられた方が、即日融資の対象となっています。WEB完結で即日融資を希望される場合には、時間に余裕をもって申込みするようにしましょう。

サラ金は違法

消費者金融とサラ金は、貸金業者というくくりでは同じなのですが、サラ金の場合には、国の財務局に登録されていませんし、尚且つ、日本貸金業協会に加盟もしていません。つまり、違法な貸金業者ということです。ゆえに、サラ金からは、絶対にお金を借りてはいけません。サラ金は、総量規制以上の違法な融資を行ないますし、法定外の高額な利息をとっており、取り立ても大変厳しくなります。

賃金業法の管理下

前述しました「総量規制」とは、個人の借入れの総額を、年収の3分の1までに規制するという、貸金業法で決められた決まりのことです。正規の貸金業者は、総量規制の範囲内で融資を行っています。これに違反した場合には、業者側が罰則を受けるようになっています。そして、消費者金融は貸金業法の管理下にありますので、総量規制以上の融資は行いません。

ちなみに、銀行のカードローンやキャッシングであれば、年収の3分の1以上の借入れが可能となっています。それは、銀行は、貸金業法の管理下ではなく、銀行法の管理下にあるためです。ゆえに、総量規制の対象外となっています。ただし、銀行の方が、融資に対する審査は厳しい傾向があります。

嘘の申告はNG

消費者金融に融資の申し込みをすると、信用審査が行われます。信用審査に必要な情報は、住所・氏名・連絡先電話番号、勤務先・勤続年数・年収・家族構成・利用希望額、そして、他社からの借入額などとなります。

その中で、年収と他社借入額は、融資額を決定する上で重要となります。消費者金融では、個人信用情報機関に審査の段階で照会を行います。この個人信用情報機関の信用情報は、各金融業者間で共有されていますので、ウソの申告をしてもばれてしまい、審査には通過しません。申し込み時にウソの申告は厳禁となります。

銀行と消費者金融の違い

法律面の違い

銀行と消費者金融、どちらも似たようなサービスを提供していますが、詳細に見てみるとかなりの違いがあります。法律面の違いで言えば、消費者金融を取り締まっているのは貸金業法で、銀行を取り締まっているのは銀行法です。そのため、銀行は貸金業法の一部である総量規制による縛りがありません。貸金業法では、個人に融資できるの総貸付額は年収の3分の1までと決められています。つまり、申込まれたとしても、すでに年収の3分の1の借入があったとしたら、貸し出すことができません。

金利の違い

それぞれの貸金業者によって違いますが、銀行の金利が3.0%~14.0%ほどなのに対して、消費者金融の金利は4.5%~18.0%ほどと少し高めになっています。金利だけを見ると銀行のほうがお得に思えますが、それならなぜ消費者金融に申込む方が多いのでしょうか。平成23年の統計によると、9人に1人が利用している計算になります。これほど多くの人が利用しているのには訳があります。

申込みのしやすさ

とにかく間口が広いため、とても利用しやすいのが多くの方に支持されている理由です。以前は店舗で申込みをしなければなりませんでしたが、無人契約機という画期的な機械が誕生し、IT時代の今はパソコンやスマートフォン、携帯電話から申込めます。近くに店舗がなくても、どんな田舎でも、スマートフォンなどのモバイル端末があれば申込むことができるのです。これほど間口の広い貸金業者が他にあるでしょうか。

審査の通過率

インターネット上で少し調べると、それぞれの貸金業者の審査通過率をチェックすることができます。消費者金融でも100%通過できるわけではありませんが、銀行と比べてダントツの通過率を誇っています。間口が広く申込みやすい上に、審査が比較的緩やかで利用しやすくなっているわけです。ちょっとお金を借りるには、これほど最適なサービスはありません。ちょっと借りるつもりが、どんどんとお得意さんになり、なくてはならない存在になっている方も多いのではないでしょうか。

>>消費者金融ランキングはこちらへ<<

更新情報・お知らせ

『カードローンについて』を追加しました
2016/06/28
トップページを更新しました
2016/06/27
『消費者金融の利息』を追加しました
2016/06/26
『自分に合っている消費者金融』を追加しました
2015/03/18
『消費者金融の口コミサイト』を追加しました
2015/03/05
『さまざまな融資』を追加しました
2015/02/14
『消費者金融を選ぶときには』を追加しました
消費者金融の比較ランキング|口コミ、評判などをチェック 消費者金融の比較ランキング|口コミ、評判などをチェック

↑ PAGE TOP