トップページ » 消費者金融の利息

消費者金融の利息について知っておこう

返済をすることを考えなくてはいけない

すぐにお金を貸してほしい時など、消費者金融会社を利用される方も多いのではないでしょうか。必要になり申し込みをすると、すぐに入金されるメリットもありますので便利です。しかし返済も必要になりますので、どれぐらい返済をする必要があるのかも確認をしておきたいです。無理のない金額を返済することが、上手に消費者金融会社と付き合う方法でもあります。

利息も含まれる

例えば10万円お金を借りた場合ですが、一括か分割か自身の都合の良い方法を選べます。しかし10万円ちょうどを返済するのではなくて、利息も含めて返済をすることになるので注意してください。1日1日ごとに利息が加算される、日割り計算になっている会社が多いです。消費者金融会社については、すぐにお金を借りられる点は便利なのですが、一般的に利息が高いと言われていることも知っておきましょう。

利息が高い傾向がある

利息が高いのですぐに返済をすることをおすすめしますが、どこの会社も同じということではありません。年10%の会社もあれば、12%の会社もあります。出来るだけ利息が低い会社を選ぶと言うのも、賢いお金の借り方となります。急いでいる場合でも、どこの会社にしようかそしてどれぐらい利息がかかるのかを、一旦確認をしてから借りるようにしましょう。利息がかさんでしまい、なかなか返済が終わらない事態は避けたいものです。

比較をするようにしよう

全国各地に消費者金融会社がありますが、大手に関しては最低でも年4%は利息がつくと考えてください。そして最大18%ほどとなっています。借りる金額によっても、年何パーセントかが異なってきます。一般的に借りる金額が少ないほど、利息が高めに設定されていることが多いです。そして100万円を超えるなど、高額になればなるほど利息が低くなっていきます。今回はいくらお金が必要なのか、そしてその金額に対して利息は何%なのか確認をします。そのうえで、どの会社が利息が低いのか比較するのもおすすめです。

利息払い・利息一部払い

利息払い

利息払いの事を簡単に説明すると元金と利息のうち、利息だけを返済していく方法の事を言います。もちろん利息だけの返済になるので元金が減る事はありませんが、その場しのぎの返済はできます。この利息払いは返済日に利息分だけをしっかり入金すれば消費者金融側から何か言われる事はありません

消費者金融ではこの方法を正当な支払い方法としているため、この利息払いができない所はおすすめできません。消費者金融はなぜ利息払いを可能にしているかというと、元金は減る事なく利息だけを返済してくれる事を重要としているためです。消費者金融としては利息が収益となっているため完済されては収益が減るため、利息さえしっかり返済してくれればOKとしているのです。

しかし、利息払いを続ける事はお勧めしません。利息だけ返済しても元金もある程度は返済していかなければ、業者側はそのうち返済できなくなるのではと疑いを持ち始めるので利息払いを続けるのはやめておきましょう。

利息一部払い(ジャンプ)

利息一部払いとはジャンプとも言われている返済方法の1つで、利息分の一部を次回の返済に繰り越す返済方法です。この返済方法は利息の支払いの次回の支払日に繰り越しているだけですので、次回の返済がきつくなってしまいます。

このジャンプについては自分から提案するのではなく、業者側が提案してくる形となります。業者が利息の一部の金額を設定するのではなく、自分の経済状況を確認し、支払える金額に設定されるので金額は決まっていませんが、このジャンプの魅力は返済の金額多かろうが少なかろうが返済日に返済した事になる事です。ただし、ジャンプはあくまでも応急処置であり、これを続ける事で利用そのものができなくなっってしまう恐れがあります。

ページの先頭へ