トップページ » 消費者金融と庶民の生活

消費者金融と庶民の生活

お金を借りるとき、出来るだけ急いでお金を用意したいという場合によく選ばれているのが消費者金融です。

消費者金融は、少し前までサラリーマン金融とも呼ばれていたことからも分かりますように、庶民の日常生活に密接な関係があるのです。

これは、日本が資本主義自由経済のもとで、国民が生活していることが要因なのですが、資本主義自由経済というのは、資本を上手く活用する経済なのです。

したがって、それが一般の庶民であっても、毎日の食べ物を食料品店で購入するわけですから、これも投資になるので、誰もが何らかの投資を日々繰り返し行っているということなるのです。 この投資を行う際に、最も注意しなければならないが、投資するための資本がショートしてしまうことです。

特に、サラリーマンの場合には、たいていの場合に給料日が月末や月初めなど、決まった日に支給されますので、それまでに必要な買い物をして、資金が不足する場合もあり得るのです。 こうしたときに役立つのが、消費者金という存在で、特別な担保などを用意しなくても、資金を融資してくれるのです。

ページの先頭へ