トップページ » カードローンの選び方

少しでも低い金利を選びたい

カードローンを利用するのであれば、少しでも金利が低いほうがよいです。金利が低ければ、その分支払う利息の負担が少なくなります。金利が低いローンを選ぶなら消費者金融よりも銀行カードローンのほうが低いのですが、審査の難易度やスピードを比べると消費者金融です。金利比較をする際に注意しなければならないのが、上限金利です。下限金利ばかり見て低いローンを選んでも、初めての方が下限金利で借りられることはまずないです。最初は上限金利からスタートするので、上限金利が少しでも低いローンを選びます。

利用目的があらかじめ決まっている方は

消費者金融のカードローンは、資金使途自由なフリーローン商品以外に目的ローンを取り扱っている会社があります。目的ローンは、その商品名の通りであらかじめ利用目的が決まっている方向けのローンです。例えば、引っ越しやブライダル、トラベル、医療関係、学費など目的が決まっている場合は、目的ローンを申込みするとフリーローンよりも低い金利で融資が受けられるのです。ただし、目的ローンは最初に借入れしたら追加借入れができず返済のみとなります。

無利息期間のあるローン

消費者金融会社の中には、初めてご契約をされた方を対象に無利息期間のサービスを受けることができる商品があります。無利息期間とは、一定期間金利がまったくかからない期間のことであり、その期間内の返済は元金のみで利息負担が0円になるのです。一定期間ですが業者によって異なり、一週間や30日間、長い期間で180日間という商品もあるのです。そのためカードローンを選ぶのであれば、無利息期間のある商品を選んだほうがトータルで支払う利息も軽減できます。

まとめ

消費者金融のカードローンの選び方ですが、上限金利を比較して少しでも低いローンを選びます。利用目的があらかじめ決まっている方は、目的ローンのほうがフリーローンよりも金利が低く設定されています。はじめての方は無利息期間のあるローンがお得です。

ページの先頭へ