トップページ » カードローンの審査について

カードローンの審査に一発で通過するために

初めての申し込みなら問題なし

初めてカードローンを申し込む人なら、安定した収入を持っている以上は高確率で一発で審査に通過できるでしょう。アルバイトでも申込み可能なカードローンもありますので、目安としては年収200万円以上稼いでいればOKとされています。また、自分の条件が少々厳しいかもしれないという場合は銀行ではなく、消費者金融を選択すれば審査に通過できる可能性もより高まります。

他社の借入れを精算しておこう

他社からの借入れがある場合はその分、返済能力が落ちてしまうため審査が厳しくなります。また、総量規制に到達している人は融資を受けられませんので注意しましょう。そのため、他社からの借入れがある人はできる限り債務を清算してから申し込みをすることが勧めされています。一般的には借り入れ件数が3件あると、それ以上の借入れが難しいとされているので3件を目安にしてください。また、借入件数だけではなく、債務の総額も重要です。

利用していないカードは解約

審査では現在の借入れ状況が考慮されますが、意外と見落としてしまうのが利用していないカードローンやクレジットカード、また携帯電話本体の分割払いです。実際に借りてない所有しているだけというカードでも借り入れ総額の一部として見なされてしまいます。例えば利用限度額30万円のクレジットカードを所有していると、利用の有無にかかわらず、それが30万円分の借入れに当たります。

そのため、もしも使用していないカードがあるなら解約しておくようにしましょう。また、携帯電話本体を分割払いにしている方も少なくありませんが、こちらも借入れとして見なされています。通常は携帯電話料金と一緒に本体代金を払っていきますが、携帯電話料金の支払いを忘れると延滞という形になって審査に影響してしまうので注意してください。

嘘の申告は厳禁です

どうしても融資を受けたいという思いから、嘘の勤務先を記入したり、年収を多くして誤魔化す人もいます。しかし、過去に借入れをしている人は個人情報が全て情報機関にて管理されているためバレてしまいますし、初めての申し込みの方も在籍確認が行われればバレてしまいます。嘘が発覚すれば融資してもらうことはできませんし、他社へ正しい情報で申し込みをしても消費者の信用を共有している金融会社では融資は不可能でしょう。

今後の借入れのために

過去に延滞があっても絶対に融資されないというわけではないですが、不利な要素にはなるため延滞はしないに越したことはありません。今後のためにも、借入れは計画的に利用し、返せる範囲で借りていくようにしましょう。

カードローンの審査は20歳以上から

20歳になればカードローンを利用できる

カードローンは20歳になれば借りることができます。成人に達していることが条件であり、この点が18歳以上の未成年が契約できるクレジットカードと違うのです。お金を借りることには責任が伴うため、未成年では不可ということでしょう。20歳以上で収入があれば、審査を受けることができます。たとえ19歳で年収400万円だとしても借りることはできないのです。学生を対象としたローンは、大学生・専門学校生に融資を行っていますが、こちら20歳以上でバイトをしていることが条件となります。

20歳で利用できないカードローンとは

VIPローンと呼ばれるものは、厳しい審査基準が設定されています。優良客を対象としたローンであり、利用できるのは年収が高い方です。そのため、30歳以上などと高い年齢制限を設けられているものが多いです。一般的なカードローンには年収制限はない場合がほとんどですが、VIPローンに関しては年収700万円以上などと、非常に高いハードルが設定されています。

収入がないと審査には通らない

当然のことながら、収入があることが審査基準の最低条件です。収入がなくても借りられるといったローンも見かけますが、よく内容を見ると自分以外の方に収入があることが条件となっているはずです。例えば、専業主婦は本来収入がないので借りることはできませんが、配偶者である夫が仕事をしていれば借りられる場合があります。こうしたローンは、配偶者が保証人に設定されると考えていいでしょう。返済していくのは配偶者になるので、配偶者の年収・勤続年数などを重視されます。

70歳でも審査に通るのか?

70歳で審査に通過できるカードローンというのは現在においてありません。65歳くらいまでは可能なローンもありますが、定年退職の年齢に合わせて新規契約できないローンが主流です。なぜ年齢制限を設けているかというと、寿命の問題があるからです。年齢を重ねるほど、亡くなってしまうリスクは高くなるでしょう。そのため、65歳で新規契約ができても、融資は68歳までというように制限を設けています。

銀行のカードローンでも審査に通りやすくなるケースがある

銀行のカードローンは借りることが難しいのが現実ですが、借りやすくなるケースもあります。それは、ローン利用を検討している銀行に対して預金がある、または住宅ローンを利用している、などの取引状況にあることです。その他のローンに関しても、利用実績があると審査で有利に働きます。実績があれば、銀行側としても顧客の性質を把握しやすくなるわけです。きちんと返済してくれる人、そうでない人をしっかりと見極めることができます。

カードローンの審査で失敗しないために

カードローンの利用には審査が必要

カードローンを利用するためには金融機関の実施する審査に通過しなければなりません。この過程で融資の可否が決められるのと同時に、融資限度額も決まってきます。では、ローン審査はどのように行われ、どのようなことを判断基準としているのでしょうか。

審査されるのは個人の属性と信用情報

カードローンの審査はポイント制によって行われます。融資の申込をする際には申し込み書に職業や年収、借入状況などいくつかの情報を記入しますが、金融機関はこれらの情報について点数を付けていき、ある一定以上の点数を獲得すると融資を行うことを決定します。対象となる項目についてですが、これは大きく「個人の属性」と「信用情報」に分けることができます。個人の属性とは、申し込み者の返済能力を判断する様々な指標のことです。基本的には返済能力が大きければ大きいほど有利になり、限度額も大きくなる傾向にあります。

職業で大切なのは安定した雇用

個人の属性情報にはいくつかありますが、特に重要となるのは「職業」「年収」「住居形態」です。職業については何よりも安定性が重視されます。業者側としては利用者が急に仕事を失って返済ができなくなってしまうことを一番恐れるので、雇用の安定している職業ほどポイントが高く、有利になります。

安定性という意味では公務員がもっとも有利です。リストラの心配がなく、仕事を突然失うリスクが非常に低いからです。また、大学病院勤務の医師や倒産のリスクの小さい大企業のサラリーマンなども評価が高くなります。一方、離職率の高い水商売やパチンコ店の店員、タクシーの運転手などは評価が低くなりますし、安定性に乏しい自営業者なども評価が低くなりがちです。職業については正規雇用か非正規雇用家でも評価が違ってきます。やはり安定性という面では正規雇用の人のほうが有利です。

居住形態も審査対象

住居形態については、持ち家がある人が有利になります。住宅を購入する際にはほとんどの人が住宅ローンを組むわけですが、住宅ローン審査は一般的なローンよりも基準が厳しいため、その基準をクリアしたということは、それだけ信用があると判断されます。一方で、賃貸の場合には評価が低くなりますが、同じ賃貸物件に長く住んでいると若干評価が高くなります

借入残高や返済トラブルは致命的

信用情報についてですが、これは現在どのくらいの借り入れがあるかどうか、そして過去に返済でトラブルを起こしていないかどうかが重要になります。現在は総量規制の規定によって借り入れは年収の3分の1までに制限されています。ですから、すでに多額の借り入れがある場合には融資が受けられないことがあります。また、過去の返済トラブルは審査では大きなマイナスになります。特にブラックリストに登録されてしまっていると、その後数年間は融資が受けられないので注意が必要です。

カードローンの審査に落ちたときの対処とは

カードローンの審査に落ちたときには

カードローンを利用するためには審査を受けなければならないのは当然のことです。その基準は公開されていませんから、なぜ落ちたのか分からない人もいます。理由が分かったのなら対処することもできるのですが、分からなければ何もする事ができないでしょう。落ちたときにはなぜ落ちたのかを考え直すことが必要です。そのためには、どのような場合に落ちやすくなるのかを知っておくべきでしょう。

審査に落ちる原因の多くは信用情報

落ちる原因には様々なものがありますが、落ちる原因の多くは信用情報です。信用情報とは、借り入れに関する情報を指します。信用情報は金融機関や信販会社などで共有されますから、悪い情報が登録されてしまうと、信用情報を利用する全ての金融機関から借りることができなくなります。普通の金融機関なら信用情報を利用しないことは考えにくいですから、悪い情報が登録されるとどこからも借りられなくなると考えておいたほうが良いです。

問題になる情報とは

問題になる情報とは、一言で言えば約束通りに返済しなかった情報を指します。借り入れをしたにもかかわらず、返済期日になっても返済をしなかったり、あるいはずっと滞納を続けていたりすると、その情報が登録されて、これが原因で審査落ちになる事があるのです。まず、過去にこのような事がなかったのかを調べることは必要です。そこから対処法を考えましょう。

信用情報機関を調べる

情報を保管しているのは信用情報機関という会社です。信用情報機関はいくつかありますから、申し込みをした金融機関がどの信用情報機関を利用しているのかを調べましょう。インターネットで調べればすぐに分かります。そして、その信用情報機関にアクセスすれば、情報が保管される期間について記載されていますから、該当する情報の期間を調べるのが良いです。実際に信用情報として記載されている内容は、本人が申し込めば開示することができます。知りたければ本人開示の制度を利用するのが良いです。

後は待つしかない

例えば延滞したことが原因で借りられなくなっている場合を考えてみます。延滞の情報は、多くの信用情報で最大5年は保存されます。ですから、延滞をした時期から数えて5年経てば情報は消去され、新たに借り入れをすることはできるようになります。情報の種類によっては10年間保存されることもあります。その場合には10年も待たなければならないのです。待つ以外に方法はなくて、もしも新たに申し込みをしてまた落ちてしまうと、それが原因でさらに落ちやすくなってしまいます。

カードローンを審査の厳しい順に申し込むのは間違い

カードローンの融資条件と審査の関係

カードローンの融資条件は金融機関によって異なっています。低金利で数百万円も借りることができる場合もあれば、10%を超えるような高い金利で数十万円くらいしか借りる事のできないものもあります。条件はそれぞれで異なっているのですが、良い条件で借りるためには厳しい審査に通らなければならないのが普通です。誰でも良い条件で借りる事はできないのです。

申し込み方法に関する考え方

例えば、融資の条件の良い金融機関と、そうではない金融機関があったとしましょう。融資の条件の良い金融機関から借りるための審査は厳しいですから、通らないことも考えられます。だから、条件の悪い方に申し込もうかどうかと悩むのも一つの考え方です。そうではなくて、厳しい方に申し込んで、落ちてからもう一方に申し込むというのも一つの考え方です。どちらも良い考え方なのですが、細かい部分を知っていないと、どちらからも借りられなくなることもありますから注意が必要です。

注意しなければならないこととは

もっとも注意しなければならないことは申し込みの頻度です。申し込み条件の良い金融機関は厳しいですから落ちることもあります。落ちた状態で別の金融機関に申し込みをした場合、何もない状態よりも落ちやすくなるという点に注意しなければなりません。申し込み状況に関する情報は金融機関同士のネットワークで共有されています。そのため、落ちた情報によって落ちやすくなることがあります。何らかの理由があって落ちたのですから、別の金融機関も警戒するのは自然な事でしょう。

順に申し込みをするとなかなか通らない

消費者金融なら通る可能性の高い人がいたとします。しかし、融資条件を考えれば銀行のカードローンに口座を開設したいと考えるのが普通でしょう。そのために、大手の都市銀行に申し込み、次に地方銀行に申し込むと言ったことを続けていると、やがては消費者金融でも落ちることになりかねません。短期間に続けて申し込みをする人のことを多重申込者と呼びますが、多重申込者と認識されると審査には通らなくなるのが普通です。

期間を空けて申し込むのが良い

多重申込者にならないように気をつけなければならないのですが、そのためには申し込みの情報が消えるまで待つのが良いです。申し込んだという情報は信用情報機関で半年くらい保存されますから、それが消えてからなら問題はありません。つまり、ある銀行に申し込みをしてもしも審査に落ちたのなら、半年待ってから別の金融機関に申し込みをすると言った方法で続けていけば、落ちたとしてもそれが原因で落ちやすくなることはありません。

カードローンの借入先を増やす場合

カードローンの審査回数を減らすには

カードローンの借入先はなるべく少ないほうがいいので、追加で20万円借りたいような場合、新しい業者で審査を受けるよりも、契約中の業者に相談してみましょう。契約直後では増枠は難しいですが、契約後6ヶ月以上経過していれば、対応してくれることも多いのです。ただし、利用状況が良好であることが条件なので、返済に何度も遅れていると難しくなります。これは新規契約をする場合も同様であり、遅延情報は他社にも流れてしまいます。返済に遅れて一番損をするのは自分なのです。

安定した収入とは

カードローンの利用条件を見ても、具体的に年収いくら以上から融資が可能、といった情報はないでしょう。VIPローンの場合ですと、年収700万円などと記載されていることが多いですが、通常のローンに関しては記載はありません。安定した収入のある方、と記載されているだけであり、安定の定義がよくわからない方もいるでしょう。そもそも安定の定義というのは、各社によって異なるものなのです。年収の金額を重視する会社もあれば、職業を重視するところもあります。

年収100万円では審査に通らない?

カードローンは年収200万円~400万円の利用者層が多いので、年収200万円前後であれば借入可能だと言われています。パート、アルバイトに対応しているものでは、年収150万円や100万円でも借りられたという話も多いです。融資条件において年収はそれほど重視されないケースが多いですが、これは融資額で調整していくためです。年収100万円の方でも、20万円~30万円くらいの借り入れはできる可能性があります

年収1,000万円だといくら借りられる?

年収1,000万円で借りられる金額の上限は、300万円くらいになります。総量規制では3分の1まで可能なので、正確には333万円になりますが、中途半端な貸付額が設定されるケースは少ないため、300万円で落ち着くことが多いでしょう。500万円まで対応しているローンだと、もっと高い年収がないと借りることはできません。ただ、実際に300万円といった高額融資を受ける方はほとんどおらず、最も多い利用額は10万円以下となっています。

審査は男女別に見るとどちらが有利なのか?

男女別に審査の通過率を見ると、女性のほうが高い傾向があります。女性のほうが計画性が高く、完済してくれる可能性が高いことも理由でしょう。男性はお金の計算をあまりせずに借りるケースが多く、楽天的になんとかなると考える方も少なくありません。家計簿をしっかりとつけているのも、女性に圧倒的に多いのです。レディース専用のカードローンが存在しているのも、業者が女性を優良客と判断しているからです。

ページの先頭へ