トップページ » 転職前にカードローンを作る

転職前にカードローンを作る

初めての申し込みなら問題なし

多くのカードローンでは審査の基準の一つに勤続年数があります。同じ会社で何年間勤めていたのかを示すのが勤続年数です。勤続年数があまりにも短いと借りることができないのが普通です。例えば、現在の職場で勤めてからまだ1ヶ月しか経っていない状態なら、借りる事はできないことが多いと考えておきましょう。その期間については金融機関が独自に定めていますから一律ではありませんが、勤続年数が短いと審査に落ちやすくなるのは事実です。

なぜ勤続年数が重要か

カードローンの商品説明や申し込み条件の中に、勤続年数が何年以上なければならないと書かれていることは少ないです。それにもかかわらず重要視されるのは、収入の安定性に影響するからです。職を転々としていれば、収入は安定しません。収入が一切ない月があることもあるのですから、このような状況では貸す側としてもきちんと返済されるのかどうか疑わしく、課すリスクが大きいと判断せざるを得ないのです。そのために、勤続年数は重要な一つの基準と定められているのです。

転職後には何かとお金が必要

転職活動を経験すれば分かる事なのですが、何かとお金は必要です。ほぼ同じような業種のほぼ同じような職種で働く場合には、あまりお金をかけなくて良いこともあります。業種や職種が変われば必要なものも異なりますから、新たに購入しなければならないものが増え、お金がかかることが多いのです。例えば、スーツを新調しなければならないこともあるでしょうし、転職活動中の生活費を確保しなければならないこともあるでしょう。

転職直後には審査に通らない

転職活動にはお金がかかりますから、少し借りたいと思うこともあります。しかしながら、完全に離職した状態で転職活動をしている人は、まず審査には通りません。収入がない状態であれば返済はできないと判断されて、審査に通ることはないと考えておきましょう。転職が成功した後にも、実際に給料が入って生活が安定するまでには時間がかかり、それまでに生活費も必要です。しかし、転職したばかりでは勤続年数が短すぎるために、やはり審査に通らないことが多いです。

転職を思いついたらカードローンに申し込む

このようなことを考えれば、転職する前にカードローンの口座を開設しておくのが良いということは明白です。転職活動を始める前なら収入も十分にありますし、勤続年数も十分にありますから、口座を解説できる可能性は高いです。カードローンの口座を開設しているだけでは費用はかかりません。ですから、実際に借りるかどうか予想できなかったとしても、口座開設だけしておくのは良い方法です。

ページの先頭へ