トップページ » 専業主婦とカードローン

専業主婦とカードローン

専業主婦と総量規制

平成22年に、改正貸金業法が施行され、総量規制がスタートしました。この総量規制では、借入金額を年収の3分の1までと定められています。そのため、収入のない専業主婦は、借入をすることが難しくなりました。当時、消費者金融のなかには、業務の煩雑さを理由に、専業主婦の申し込みを受付けないところまで現れたのです。一家の財政を預かる主婦がお金を借りることができないというのですから、これまで借入でやり繰りをしていた専業主婦にとっては寝耳に水だったでしょう。

銀行は総量規制の対象外

ですが、総量規制は消費者金融を取り締まるための法律であるため、銀行にはこの規制は当てはまりません。総量規制は貸金業法の規制であるため、銀行法で規制されている銀行にはまったく影響しないのです。そのため、専業主婦でも、銀行のカードローンであれば審査に通る可能性が十分あります。もちろん、銀行であっても、申込者の資格に収入を上げているところもあります。年収200万円以上としているところもありますから、銀行ならどこでも大丈夫というわけではありません。

配偶者の信用で審査に通過

申込者の資格に収入の規定があったとしても、すぐに諦める必要はありません。そのような規定がある銀行であっても、配偶者の信用で申込むことができるところあるからです。配偶者の収入でも申し込めるところで得あれば、専業主婦で収入がゼロであっても、配偶者に収入があれば申込むことができます。つまり、配偶者の信用で審査を乗り切るわけです。銀行のカードローンには、そのような措置を取っているもの多いですから、探せばすぐに見つかるでしょう。

夫婦で信用の合わせ技

自分の信用でカードローンの審査に通過できない専業主婦でも、配偶者の信用で通過することは可能です。その場合、申込みには配偶者の合意が必要ですが、合意があれば自由に申込むことができます。申込む場合は、配偶者の合意書の他に、収入を証明するなどが必要になります。あらかじめ必要な書類を用意しておけば、必要になった時に慌てずに済むでしょう。これから申込むのなら、専業主婦でもOKという記載のある銀行のカードローンです。

通常の審査と同じ

配偶者の合意書や収入証明書など、必要な書類は通常より多くなってしまいますが、審査の手順はほぼ変わりません。違うのは、配偶者の合意書と収入をチェックする項目が加わるくらいです。配偶者の信用で申込むわけですから、信用が夫婦で2倍になるわけではありませんから利用限度額が低く設定されることもあります。ですが、一度利用を開始すれば利用状況に応じて限度額も増えていきますから、最初の利用限度額が低くても必要に応じて後から増やしていけば良いのです。

主婦がカードローンを上手に借りる方法

フルタイムで働いているならスムーズ

主婦にも様々なスタイルがあります。家事や育児と両立しながら、フルタイムで正社員や派遣社員として働いている方は、カードローンも借りやすいです。もちろん、自ら働くとなると、服が欲しい、バッグが欲しい、冠婚葬祭の出費や飲み会、食事会など交際費も必要でしょう。こうした様々な出費に備えて、自分の収入で足りない部分を上手く借りることが可能です。

パートでも自分で借りられる

身分が安定した正社員や、収入が多くなるフルタイムの派遣社員なら、ある程度大きな金額を借りることも可能です。これに対してパートタイムの派遣社員やアルバイトで働く主婦の場合は、借りられる金額は減るものの、申し込みは十分可能です。消費者金融はもちろん、銀行のカードローンでも、継続的な安定収入があれば、パートやアルバイト可ですから、勇気を出して申し込んでみましょう。

専業主婦はどうするか

継続的な安定収入がないと借りられないとなると、専業主婦は借りる道がないのでしょうか。確かに、かつてに比べると借り入れが難しくなっています。貸金業法の改正により、原則として年収の3分の1までしか借りられないことになりました。そのため収入ゼロの専業主婦の場合は、借りられる金額がゼロとなってしまいます。収入には資産運用などによる変動収入は含まれず、勤労収入のみのため、FXなどで稼いでいても借りることはできません。

収入がなくても借りられるケースがある

では、勤労収入がないと借りられる可能性は全くないのでしょうか。実はそんなことはありません。まず、銀行のカードローンでは総量規制が適用されません。また、貸金業者においても、総量規制の例外運用をしている業者なら利用可能です。これらのケースでは、配偶者の同意を得ることと、配偶者の収入や勤務先等の情報を提供することで審査を受けることができます。ただし、貸金業者の場合、配偶者と主婦本人の借入額を合わせて、配偶者の年収の3分の1までしか借りられません。一方、一部の銀行ではこうした配偶者の同意等を求めず、本人のみで借りられるところも登場しています。

ページの先頭へ