トップページ » 消費者金融の審査基準

消費者金融ではどのような審査をするか

消費者金融でお金を借りようとするときには必ず審査が行われます。 この審査は会社ごとに基準が違っており、通りやすさも異なっています。 銀行系は審査が厳しめであるといわれていますが、その他の金融会社は比較的審査がゆるやかな傾向にあります。

また、審査には通りやすい人となかなか通らない人がいます。 審査になかなか通らない人は過去に借り入れをして延滞をしてしまったためにブラックリストに掲載されている人や、他の金融業者からすでに多額の借り入れをしている人などは審査に通りづらいです。

こういった審査を消費者金融が行う目的は、利用者の返済能力を確かめるためです。 金融会社は融資を申し込んだ人に貸したお金を確実に返済する能力があるかどうかチェックするために審査を行っています。 貸したお金を確実に回収できなければ、このような会社は利益を上げられずに倒産してしまうからです。

金融会社は信用情報機関に利用者の情報を照会しながら、申込者に返済能力があるかどうか確かめています。

審査前に確認しておきたいポイント

消費者金融の審査を受ける前にこれだけは確認しておきたいというポイントがあります。もちろん、このポイントを抑えたからと言って一概に審査に通過できるわけではありませんが、重視される点なので抑えておきましょう。

収入面

まず収入です。消費者金融では収入がない人には融資を行っていません。収入はアルバイトやパートでも構いませんが、継続的に安定して得ていることが大切です。気になるのは、どのくらいの年収が必要なのかという点ですが、明確な基準はないようです。ただ、全ての貸金業者を合算して年収の3分の1を超える借り入れは規制されているため、いずれにしても年収から借りられる金額には限りがあります。それを踏まえて、各社で限度額10万円から融資を行うケースがほとんどですので、最低でも年収30万円は必要になります。また、例えば融資限度額300万円の消費者金融から最高額の300万円で融資を受けるには、年収1000万円はないと不可能ということになるでしょう。

借り入れ状況

次に他社の借り入れ状況です。借り入れには返済があるため、他社から借り入れを受けている人は返済負担が増えるということで審査が厳しくなります。目安としては3件以上から借り入れを受けていると難しいようです。また、1社から借り入れを受けている場合でも、そこに返済の延滞や滞納があれば厳しくなるでしょう。他社からの借り入れがなく情報がクリーンな人は収入が最大のチェックポイントとなります。

審査に通過するための条件

消費者金融からお金を借りようと思ったら審査を受けなくてはなりません。これに通過できなくてはお金を借りることができないので、融資における重要なポイントとなります。では、どうすれば通過できるのでしょうか。審査では本人属性と借り入れ履歴がチェックされます。本人属性とは個人情報のことで、年齢、職種、年収、勤続年数、居住形態などのことです。これらは申し込みの際に記入した情報を参考にしています。

最低条件

借り入れ履歴とは信用情報とも言いますが、他社の借入件数、借入総額、返済状況などのことです。これまでにキャッシング、カードローン、各種ローン、クレジットカードの利用経験がある人の情報は全て専門機関で管理されており、そちらの情報を参考にしています。最低限の条件としては、

  • 原則20歳以上であること
  • 継続的な収入があること
  • 消費者金融から年収の3分の1以下の借り入れしかないこと
  • 他社への延滞や滞納がないこと
  • 事故情報がないこと
などになります。この要件が一つでもクリアできていないと融資は難しいでしょう。
1か月の内の3社以内

ただ、審査の基準は各業者によって異なるため、A社に落ちたからといってB社にも落ちるというわけではありません。一般的には金利に比例すると言われているので、自信がない方は高めの金利で融資を行っている消費者金融に申し込むのがおすすめでしょう。ちなみに、1社に落ちたからと言って諦める必要はないものの、申し込みは1か月の内の3社以内と決まっているので注意してください。

消費者金融の審査の流れ

消費者金融では申し込みのあった人に対して審査を行って融資を行うかどうか、そして融資を行う際には限度額をいくらにするか、といった事を決定します。では、具体的にはどのような手続きとなっているのでしょうか。

  1. 消費者金融では属性情報について査定

    属性情報とは年齢や性別、職場や年収など、個人の返済能力を算定するために必要となる情報のことです。消費者金融の審査では、これらの情報について点数を付けていくスコアリング方式というシステムで査定をしていきます。このスコアリング方式では内容の優劣に応じて獲得できるポイントに違いがあります。たとえば年収で言えば年収が多くて返済に回せる>お金に余裕がある人ほど高いポイントが割り振られる一方で、年収が低くて余裕が無い人は低いポイントしか獲得することができません。このように、それぞれの項目について内容に応じたスコアリングを行い、その点数が一定以上になれば融資が行われるということになります。

  2. 信用情報の査定

    属性情報に問題がないと判断されれば、次は信用情報の査定となります。たとえ属性情報に問題がなくても、すでに複数の業者から多額の借り入れがある人や、返済ができずに滞納している人などは融資が受けられない可能性が高くなってしまいます。また、クレジットカードの未払いや公共料金の滞納、携帯電話料金の滞納といったことも信用情報に影響するので注意が必要です。

  3. 在籍確認

    属性情報、信用情報ともに問題がない場合は、最後に在籍確認が行われます。審査担当者が勤務先に電話をかけて、本人が記入した勤務先に本当に在籍しているかどうかをチェックします。在籍確認がOKとなればお金を借りることができます。

消費者金融の審査

消費者金融の審査に通過する人しない人

消費者金融でお金を借りる場合、審査に合格しなければなりません。その内容は、申し込みの際に申告した、本人の属性や借り入れ状況をもとに行われます。

具体的には、申込者の住所、氏名、年齢や、職業、勤続年数、年収等が本人の属性として調べられます。また、他社の借入件数や借金額、延滞の有無やブラックリストの該当者か否かもチェックされます。お金を貸す立場として、この人に融資して大丈夫かどうかをきちんと見極めなければならないからです。たとえば、職業が公務員や大企業で、勤続年数も長く、年収も人並み以上であれば、すんなり審査は通るでしょう。何の心配もありません。

パート、アルバイトでも借りれるのか?

パートやアルバイト社員の場合はどうでしょうか。パートやアルバイト社員であっても、定期的な収入が得られている場合は、問題ありません。ただし、収入が低い分、金利は高めで融資額は低くなります

専業主婦でも借りれる?

それでは、全く収入がない専業主婦でもお金を借りられるでしょうか。さすがにこの場合は無理です。消費者金融は、総量規制により年収の3分の1までしかお金を貸すことができないからです。年収があることが必要なので、そもそも収入のない人にお金を貸すことはできないのです。

ただし、自分に収入がなくても配偶者に定期的な収入がある場合には、配偶者貸し付けという制度を利用すれば、収入のない専業主婦でもお金を借りることができます。また、消費者金融のキャッシングと似て非なる銀行のカードローンであれば、総量規制の対象外であるので、収入のない専業主婦でもお金を借りることが可能です。

消費者金融の審査に受かるコツ

何らかの仕事をお持ちの方ならば、消費者金融からお金を借りられるはずです。借りられない方には必ず理由があるので、その理由を解消していけば大丈夫です。借りられない理由として圧倒的に多いのは、返済能力に見合わない借り入れにあります。確実に借りたいなら、5万円で申し込んでみる手もあるでしょう。

業者側としても5万円という少額の融資はリスクが小さく、簡単に審査に通過させてくれることが多いです。最初は5万円で契約しておき、利用実績を作ってから枠を増やしてもらう方法もあります。業者からの信用を勝ち取るには、地道な返済以外にはありません。信用を段階的に高めていけば、それに応じて限度枠も引き上げてくれるでしょう。

沢山借りないことを念頭に置く

昔の消費者金融を利用していて、現在になって再び利用したいという方は、以前と同じ感覚で申し込んでも借りることはできません。現在の消費者金融のほうが審査は厳格になっているので、沢山借りないことを念頭に置いて申し込みましょう。沢山借りるほど返済は大変になり、完済できなくなる可能性も出てくるはずです。

確実に借りるなら少額にする

業者は利用者がどの程度の希望額を出してくるのかよく見えています。金額が大きいという理由で、融資を不可としてしまうケースは多いのです。初めて借りる方ですと、50万円くらいなら初回から借りられる可能性が高いですで、確実性を求めるならもっと少なくしましょう。10万円の希望額なら学生にも融資してくれることが多いので、仕事をお持ちの社会人なら借りられる可能性は極めて高いです。

事故情報がないか見られる

消費者金融の審査はその業者によって見ている部分が違うところもありますが、だいたい共通している点もあります。中でも俗に言うブラックリストというものに入っていると、ほとんどの場合借り入れをする事ができません。逆にそういったものに入っていなければ、お金を借りる事ができる可能性が十分にあると言えます。

自己破産、多数の借り入れ、遅延

特に、自己破産、他から多数の借り入れ、遅延をしているなど後ろめたい事があれば難しいと考えて良いでしょう。消費者金融でもその方の信用情報を調べますので、そこでこのような事故情報が出てくると信用できないという事で審査落ちします。それでも自己破産をして7年から10年くらい経つと、信用情報から事故情報が消えるので借りられる可能性はあるでしょう。また借りる時には同じような事を繰り返さないように、計画的にお金を借りる事が大切になります。

3か月や半年の遅延

遅延も1日しか遅れていないという気持ちでも、それが3か月や半年続くと事故情報になっているので注意が必要です。このような事がなく初めての借り入れの場合や、前にも借りた事があって返済をしっかりとして終わった後解約をしている方は、新に借りられる事が多いでしょう。あまり大きい金額を狙わずに、必要な額を申し込みするようにするのがコツです。

無利息期間がある

今は消費者金融によって利子が無利子になる期間を設けているキャンペーンをしているところもありますので、お得に借り入れができます。お金に困っていてすぐに返済ができそうな予定がある方は、利用してみるとお得になるでしょう。

アルバイトやパートの方でも申し込み可能

これから足りない家計費をどうにかしたいと思って、消費者金融を利用してみようと感がえている方もいると思います。しかしあまり収入がない方だと、自分にも借りる事ができるのか審査結果が出るまで不安を感じてしまうでしょう。今、不安定な短期の仕事ばかりをしている方は難しい場合もありますが、アルバイトでもパートでも良いので安定した収入があるかどうかというのは大切なところになります。

正社員じゃなくても大丈夫?

安定した収入があれば、審査をした後結果が通りやすくなるのです。なんとなく正社員だけが借りる事ができそうなイメージですが、アルバイトやパートでも継続して働いているのであれば問題ありません。特にそのような方にも貸した実績があるような消費者金融では、ホームページやTVのコマーシャルでも「申し込みOK」と宣伝しています。まずはそういった業者にインターネットのサイトから申し込みをしてみて、結果を待ってみましょう。

早いところでは30分前後で

正直申し込みをした後不安があると思いますが、中にはその業者のサイトから今審査がどこまで進んでいるか確認できるところもあります。気になった時にはそこを確認すれば、申込書を確認されているのかや、まだ見てもらっていないかなどを見る事ができますのです。結果が出るまでの緊張が、少し半減されるでしょう。早いところでは30分前後で結果が出てきますので、その後電話やメールが業者から来る事となります。その後、OKになれば指定の銀行にお金が振り込まれる事となります。

ページの先頭へ